周辺機器

PCはPC単体の利用しかできないと思い込んではいませんか?実はPCは、各種周辺機器と連携、活用することができるのです。
たとえば、プリンター、スキャナーなどが代表的です。
プリンターは文書データや画像データを用紙に印刷するための機器です。
たとえば、作成した文書、画像(絵や写真)などを、紙に写したいときに、プリンターは活用してくれます。
データのままだと、気軽に外に持ち運べるものではありませんから、持ち運んで誰かに見せるときなどに役立ちます。
スキャナーは、プリンターとは逆に、用紙を画像データとしてPCに取り込むためのものです。
これらは、PCを購入する際、セットにはなっておらず、別途購入する必要があるので、注意しましょう。
また、音楽データをアナログ媒体にするための、CD-ROMというものもあります。
音楽データは通常、PC本体で聞くか、デジタル音楽プレイヤーで聞くかの2択になりますが、CD-ROMに保存することで、アナログ媒体として聞けるようになります。
たとえば、ラジカセなどに音楽データを入れたCD-ROMを入れることで、聞くことができます。
ただし、規格によっては聞けない場合もあるため、事前に確かめておくことが大切です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) パソコン利用者が必要な知識 All Rights Reserved.