フォルダ

PCを利用する際、フォルダというものを頻繁に使用します。
フォルダはいわゆるファイルを入れるための箱です。
たとえば、部屋にたくさんの本が散らかっているとします。
散らかったままにしておくと、日常生活に支障が出る上、どこに何の本があるかもわかりにくくなるというデメリットが生じてしまいます。
そういったとき、本棚を用い、本を順序よくしまいこみ、整理すると、あらゆるデメリットを解決することができます。
その本棚の役割を果たしているのがフォルダ、本自体の役割がファイルというわけです。
つまり、フォルダ自体にはデータやアプリケーションを利用するなどの機能はありません。
フォルダはあくまでも、データやアプリケーションを利用するためのファイルをしまっておく箱であり、それ以上のものではありません。
また、フォルダの中には、複数のファイルを入れておけます。
そのため、関連するファイルを同じフォルダにしまい、わかりやすく管理することができます。
さらに、フォルダ内に、新しくフォルダを作成することもできるため、より細かく整理されたファイルの保管が可能になります。
また、ファイルにもフォルダにも名前がついており、PC利用者は自由にそれを変更することができます。
たとえば、ファイルの名前に番号を振り分けるなどして、よりファイル管理を徹底することもできるのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) パソコン利用者が必要な知識 All Rights Reserved.