URLとは

PCを利用するにあたり、よく使われる言葉がURLです。
URLはウェブブラウザを用い、閲覧したいウェブサイトを表示するために使用されるもので、インターネット上のウェブサイトの住所を表します。
ウェブブラウザから検索エンジンを使い、用語を用いてウェブサイトを検索することもできますが、URLがわかっていれば、一発でそのウェブサイトに飛ぶことができます。
基本的にURLはウェブサイト上のウェブブラウザの上部分に表示されているので、わかりやすいです。
そのURLの文字列をコピーし、別の部分に貼り付けることで、リンクというものになり、その文字列からすぐに特定のウェブサイトを閲覧できます。
URLは基本的にはじめにhttpという文字列が入ります。
これはプロトコル名を指し、どのようにデータをやり取りしているかを表しています。
httpは普通のウェブサイトにおいて用いられます。
ftpという文字列の場合は、ファイル転送を表します。
その次の文字列は、ホスト名となり、住所を担うものです。
ウェブサイトのページには、1つ1つこういったURLの文字列が当てはめられており、住所が決まっています。
他人にウェブサイトを知らせたいときは、このURLを教えてあげるとスムーズに知らせられます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) パソコン利用者が必要な知識 All Rights Reserved.