パソコン利用者が必要な知識 TOP > デスクトップとノート

デスクトップとノート

PC製品には主に2種類――デスクトップPCとノートPCの2種類があります。
一般的に、電気屋でよく販売されているのは、コンパクトなノートPCのほうです。
ノートPCはデスクトップPCよりも小型で、折りたためる機能がついており、スペースをとらないコンパクトさがメリットのPCです。
そのため、家や部屋がそれほど広くない日本において、スペースを節約できるノートPCの需要は高いというわけです。
実際、何かとてもPCに負荷のかかるような利用をせず、普通のウェブサイト閲覧やメール利用程度なら、ノートPCのスペックで十分快適に行えるため、問題はないといえるでしょう。
しかし、小型なので意外と思われるかもしれませんが、デスクトップPCよりもノートPCのほうが価格は高い傾向があります。
価格を第一に考えたいときは、デスクトップPCを候補に入れておくといいでしょう。
デスクトップPCとノートPCの性能面は、断然デスクトップPCのほうが高いです。
しかし、たとえば、とても容量のあるソフトウェアを利用したりしないかぎりは、デスクトップPCでなければならないコンテンツは少ないといえるでしょう。
ノートPCは性能面で劣っていても、そのコンパクトな形にメリットがあります。

フリーソフトを活用しよう

PCの概要

URLとは

ブックマーク

ファイル

フォルダ

周辺機器

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) パソコン利用者が必要な知識 All Rights Reserved.